『すばらしき世界』

日常

こんにちは、ルツボです。

今日は広島の「八丁座」という映画館で西川美和監督の『すばらしき世界』を鑑賞してきました。

西川美和さんの作品は今までも「ゆれる」「永い言い訳」などを観てきました。

今作は初めて西川美和さんのオリジナル脚本ではなく、直木賞作家・佐木隆三氏の「身分帳」を原案にした原作ものという新たなチャレンジをされた作品でした。

オリジナル脚本ではないものの、随所に拘った演出。絶妙なカメラアングル。西川美和さんの作られた映画ということが所々感じられました。

特に僕が好きなシーンは主人公の三上とテレビマンの津乃田が一緒に風呂に入るシーンです。

このシーンのカメラのアングルが本当に良い。

このシーンを観られただけでもこの映画観て良かったなと思えました。

三上役の役所広司さんも素晴らしかったですが、津乃田役の仲野太賀さんも役所さんに負けないくらいの存在感があって素晴らしかったです。

映画館で観る映画はやっぱり良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました