【仮面ライダー】数字の法則

仮面ライダー

こんにちは、ルツボです。

平成仮面ライダーのことを思い出すとき

「オーズって何番目の作品だっけ?」

とか

「鎧武の前の作品ってなんだっけ?」

とかって思ったことはありませんか?

実は平成仮面ライダーのディケイド以降の仮面ライダー。

いわゆる第二期と呼ばれる仮面ライダー達には数字の法則というものが存在します。

それを覚えてしまえばあの作品は何番目の作品であの作品の前だということがすぐにわかります。

今回の記事でご紹介しますので、気になって覚えたい方はぜひご覧ください。

ちなみに、平成仮面ライダー第一期の仮面ライダーの順番は

クウガ<アギト<龍騎<555<ブレイド<響鬼<カブト<電王<キバ<ディケイド

の順番になっています。

数字の法則は平成一期のディケイドから始まります。

それでは、まずはディケイドから説明します。

仮面ライダーディケイドの数字

ディケイドはベルトにカードを1枚使用して変身するので数字の【1

仮面ライダーW(ダブル)の数字

Wという名前の【2

2人で変身するので【2

2本のガイアメモリを使用するので【2

仮面ライダーオーズの数字

3枚のオーメダルで変身することから【3

仮面ライダーフォーゼの数字

4つのアストロスイッチを使用して変身するので【4

また、フォーゼは「Fourze」と書きます。

これが「Four」とze(ro)に分けて4.0になり「40」になります。

この作品が仮面ライダー生誕【40】周年記念作品であるため。

右手、左手、右足、左足の『四肢』の装備が変化する。

仮面ライダーウィザードの数字

ベルトに手の形があります。

五指で【5

ウィザードは魔法を使うので魔法の五大元素から【5

仮面ライダー鎧武(ガイム)の数字

変身するときに使用するロックシード(錠前)が開くと形が6に見えることから【6

カギを「LOCK」するを掛けて【6

仮面ライダードライブの数字

シフトカーの形が7に見えるため【7

仮面ライダードライブの「ラ」「ラ」「ブ」がタイトルで見ると777に見えるため【7

AT車で7速の【7

トライドロンについているタイヤは6個、ドライブについているタイヤが1個。足すと7になるため【7

ドリームベガスのスロットが777になるため【7

タイヤカキマゼールが7種類で【7

仮面ライダードライブのフォーム数が7種類で【7

仮面ライダーゴーストの数字

目の部分を縦にして繋げると数字の【8

ムゲン魂の『∞』を縦にすると数字の【8

ゴーストのモチーフになっている昆虫が『蜂』なので【8

仮面ライダーエグゼイドの数字

医者という設定から『救急』の【9

変身アイテムのガシャットを逆さにすると9にみえることから【9

エグゼイドという名前がエクストリーム(究極の)とエイド(救助・救済)という言葉が組み合わさって出来ているので【9

仮面ライダービルドの数字

ビルドが重機を扱うことから『じゅう』で【10

史上最高のIQが10に見えることから【10

主人公の名前が戦兎(せんと)→千十→1010→【10

変身アイテムのフルボトルに動物があることから『獣』で【10

ビルドの画数が【10

仮面ライダージオウの数字

ジオウは「11」よりも「20」として数字が当てはまります。

ジオウの名前が「ZIO」で数字の「210」に見える。

ジオウは平成2期の10番目の仮面ライダーであり、平成から数えると20番目

ジオウのモチーフである時計の針が「10時10分」を指しており、足すと【20】となる。

まとめ

平成仮面ライダー2期の数字の法則を知ると作品を思い出すときに役立ちます。

話のタネにもなる小ネタなので、良ければ覚えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました